遠出の忘備録

お金を使わないでたのしく茫洋と行きたいところに行くだけ。

イタリア・ベルガモ 2日目 ② 4月23日(日)

レストランで予約した1時10分までの時間を潰すために、チッタ・アルタの山の上を散策する。

ハイストリートはすごい人だったけど、ここは静か

ジョギングやサイクリングをしている人多し。

ここは山道で坂が多いのですごいなァ。

f:id:electroncitron:20170502035741j:plain

f:id:electroncitron:20170502061135j:plain

歩いているとがあった。

f:id:electroncitron:20170502062119j:plain

教会は戸が閉められていて、でもメインの教会の横に鉄格子を嵌めたこの祭壇があって誰でもここで祈ることができる。

基督教が日常に浸透しているんだなと思った。

 

山道をゆっくり登っていくと、

f:id:electroncitron:20170502062527j:plain

こんな風景や

f:id:electroncitron:20170502062620j:plain

こんな風景が視界に飛び込んできて、非常にうれしい。

しばしぼーっとする。

今日は18度ぐらいの初夏の気候。

ここはイタリアなので、わざと少し遅れて1時10分を過ぎたところでレストランに戻る。

レストランで采配を振るっていた女性は笑顔で迎えてくれ、この席に通してくれた。

f:id:electroncitron:20170502063349j:plain

外から入り込んでくる風は少し肌寒い。

イギリス人は太陽が出たらとにかく服を脱いで外に出るんだけど、イタリアも同じみたい。

メニューを渡されたけど、英語表記なしだったのでイタリア語をじーっと見つつ、なんとなくわかるようなわからないような感じで、一通り目を通す。

もう日本語と化しているようなイタリア料理は多いので、案外わかったけど、それでもわからない料理を説明してもらう。

来る時に機内で出逢った女の子が「ベルガモはリゾットが有名」と言っていたのを思い出し、ペスト(バジリコ)と林檎のリゾットを頼んだ。

飲み物はサンペレグリノのガスなしの水。

f:id:electroncitron:20170502064411j:plain

おいしい!

お米の茹で加減がちょうどいいし、味も林檎の甘酸っぱさがアクセントになってバランスが絶妙。

こういうのはロンドンでは食べられないかも。

ひとくちひとくち味わいながらいただきました。

まだたべられる余裕を感じたので、デザートを。

f:id:electroncitron:20170502064827j:plain

苺のパンナコッタ。

英国であまーいデザートに慣れているわたしですら「甘すぎる」と思う一品だった。

甘い!

苺ソースを絡めないようにしてたべると甘さが控えられるので、パンナコッタに集中。

パンナコッタ自体は甘いけど、ミルクの味がしっかりしておいしい。

珈琲で締めたいところだが、珈琲だいすきなのにカフェインに弱いので自粛。

お会計をお願いしたら、ビルを持ってきてくれたけど、なかなかお金をとりにきてくれないので15分ぐらい待ってしまう。

待ちすぎ!と思って、レジのところに行くと、みんなどうやらそこで払っているらしい。

英国ではテーブルで支払うのが普通なのでここもそうだろうと思ったけど、イタリアは日本式でレジにお金を払いに行くスタイルなのかな?

前日のレストランは英国式だったが…謎。

 

このレストランは La Colombina http://www.trattorialacolombina.it/eng/home.html

部屋が3つほどあって、ここは満席、というか団体客かな。

f:id:electroncitron:20170502070048j:plain

 

おなかがしあわせな気分になったので、またチッタ・アルタの中心へ向かう。

f:id:electroncitron:20170502070645j:plain

ここは名前もわからない小さい教会だったけど、入ったら気持ちがすとんと収まるようなお香の薫りに満たされていて、うっすら霞んで見える祭壇もうつくしく、しばし放心。

f:id:electroncitron:20170502071045j:plain

f:id:electroncitron:20170502071139j:plain

f:id:electroncitron:20170502071357j:plain

f:id:electroncitron:20170502071558j:plain

なぜか骸骨も祀られていた。

ふしぎ。

微細に至るまで全てがうつくしく、静謐で、心が清められた感じ。

 

次にメインの広場へ。

大鐘楼(Civic Tower)の鐘が30分ごとに鳴るのだが、それが他の教会の鐘と合わさり多重に聞こえて、荘厳な響き。

 

f:id:electroncitron:20170502072506j:plain

 このかわいい色彩の建物はコッレオーニ礼拝堂(Chapel Colleoni)

中はまたもやため息が出るほどの繊細な技巧が凝らされた装飾、色彩で、圧倒された。

写真撮影禁止なので、写真はなし。

小さいおみやげもの屋さんも中にある(ここでポストカードを購入)。

 

そして次は、サンタ・マリア・マッジョーレ教会(S.Maria Maggiore Basilica)

f:id:electroncitron:20170502074916j:plain

f:id:electroncitron:20170502075519j:plain

実は観光名所があまりすきではないので(人が多い、歴史に疎い、価値がわからない)最初の名もわからない教会を見ただけでもうあとは見ないでいいかなと思っていたのだったが、ここに入った途端、あまりの神々しさに打ちのめされ、無条件でひれ伏したのでした。

f:id:electroncitron:20170502075932j:plain

 

f:id:electroncitron:20170502080631j:plain

f:id:electroncitron:20170502081102j:plain

f:id:electroncitron:20170502081312j:plain

はぁ、イタリアはすごいなあ…

圧倒されました。

ここもお香が焚かれ、空間に白くたなびいて流れる薫りが崇高でうつくしかった。

ここでは周りにいる人々は一切気にならず、ただひたすら人間が創り出した天上の世界を堪能しました。

やはり神っていると思う。

それは名前のない神で人知を超えた存在。

(と基督教の地で思いました)

 

次はドゥオーモ(Duomo)

f:id:electroncitron:20170502082635j:plain

ここは白と金が印象的な教会だった。

ここもまた何もかもがうつくしかった。

もうそれしか言えない。

 

 

③につづく

イタリア・ベルガモ 2日目 ① 4月23日(日)

記録

9:20 ホステルの朝食 (7:30-9:30 ギリギリ滑り込む)

10:30 歩いて国鉄ベルガモ駅/月曜日のSan Pellegrino行きのバスのチェック

11:00 バス1番で山の上の旧市街地 Citta Altaへ

11:20ごろ 着 散策

1:10 La Colombina でおひる

2:30 散策 教会見学

4:30 ケーブルカーで帰る Bio Gelatoで休憩

5:00-700 ホステルで休む

7:40 またバスで旧市街地へ

        Il Fornaioで晩ごはん

8:00 夕焼けを見てからバスで帰る

 

お金の記録

バス1日券 €5

*1日券を買うほどバスに乗る必要がある町ではない。ちなみにバスだけじゃなくてケーブルカーにも乗れる。

普通は75分以内だったら1枚切符を買えば何回でもバスもケーブルカーでも乗れる仕組み。

1日券は24時間何回でも乗れる。

元を取るために、一度ホステルに戻って休んで、また旧市街地に出かけて2往復、実はそれでもとんとんかも。

1回券は€1.2ぐらいか。

でもそのおかげで、ホステルで休んでもう出かけたくないような気分を奮い起こして町に行ったので、よかったかも(と慰める)。

おひる/水€1 ペスト(バジリコ)と林檎のリゾット€8.5 苺のパンナコッタ€4.5 パンなどのサービス€2.5 合計 €16.50(チップなし)

教会で蠟燭を灯して ¢20x2 計¢40 

絵葉書 ¢40

オーガニックの抹茶のジェラートとレモンのソルベ €3

夜ごはん/ピザ €3.43

合計: €28.73

f:id:electroncitron:20170424061819j:image

 天気:はれ

今日は市内観光の日。

ホステルの食堂は閉まる直前で利用客はまばら。

宿泊費に朝食が入っていたので、そんなに期待はしていなかったけれども、割とすごく質素。

パンはかたくでぱさぱさ(というのがベルガモの一般的なパンのようだった/ラスクっぽい)、バターもジャムも特においしくはないので蜂蜜でたべる。

ヨーグルトも安いだけが取り柄のような味。

水筒にお湯を入れて、ロンドンから持ってきたカモマイルのティーバッグでお茶を作っておく。

 

Citta Bassa界隈にあるこのホステルから歩いて国鉄Bergamo駅へ。

バス1番で山の上にある旧市街地Citta Alta へ行こうと思う

ベルガモは、上の町:古い建物や教会が多く残っている情緒あるCitta Alta、下の町:新しい町で銀行や会社などがあるCitta Bassa とふたつに分かれている。

国鉄ベルガモ駅を前にして広場の左側にバスターミナルがあった。

駅に近いところにあるのがバス1番のバス停

切符はどこで買うんだろ?と思って近くにいたおじさんに訊いてみた。

言語以外の方法で意思疎通ができたようで彼の指す方を見るとバーがある。

このバー兼キオスクでバスの切符が買えるらしい。

 

f:id:electroncitron:20170502022938j:plain

この辛子色の建物がバー兼キオスク。

お店の女性は英語がわからず、わたしはイタリア語がわからないので、全体的によくわからなかったけど、わたしの後ろに並んでいたおばさんが話す断片的な英語で察するに、バス+ケーブルカー乗り放題の1日券を買うことを勧めているようだった。

ということで言われるがままに買う。

でも、ちょっと高いな、と思ったし、考えてみたらこの町は狭いのでロンドンのように1日乗り放題の切符を買っても行くところがないので返金してもらおうかな〜と思いつつ面倒なのでそのまま使うことにした。

 

バスは平日祝祭日を問わず、わりと頻繁に出ているみたいだった。

 バスに乗ったら、四角い小さい機械に切符を入れて時間を打刻する。

あとは終点のColle Apertoまで乗っているだけ。

左側のシートに座ったら、山に登って行く途中、街の全貌が車窓から見えた。

 

終点で降りたら、右に小さい公園があってそこにマーケットが出ていたので、見ながら奥へ進む。

食材や石鹸、ハンドメイドのもの、古いシャンデリアのガラスなどを売っていたりするストールが奥まで続いている。

ロンドンのマーケットに比べるとかなりしょぼい。

夫婦で店番をしているストールで殻付きの胡桃を買う。あとで、なんで胡桃など買ったんだ!と思ったが、ロンドンの自宅で割ってたべたら今までにたべたどの胡桃よりもおいしいのだった。

ぞろぞろ歩いていくみなさんに付いていったらこの町のハイストリートに出た。

両側にかわいいお店がいっぱい並んでいる。

食材店やレストラン、雑貨屋などなど。

ものすごい混みようで、原宿の竹下通りを彷彿させるほど。

でも、若者はあまりいなくて、ほとんどが家族連れ。

イタリア人が国内旅行に選ぶ場所なのかもしれない。

ちょっといい感じのカフェ兼食材店があったんだけど、あまりの混みようなので(でも、そのカフェはがらがらだった)さっさと退散して、目当てのレストランに行く。

 

f:id:electroncitron:20170502031628j:plain

 ここはLa Colombinaというトラットリア

12時オープンで12時半にはもう満席だったので、1時10分に予約して、その時間に戻ってくることに。

予約する際、また「コースでたべられないので、1皿だけでもいいですか」と訊いて承諾を取っておく。

 

追記:知らなかったんだけど、このトラットリアの横の赤いサインのある建物は、この土地で生まれた有名なオペラ作曲家ガエターノ・ドニゼッティという人の博物館(?)だった。

 

electroncitron.hatenablog.com

       

 

イタリア・ベルガモ 1日目

記録

英国時間

8:39 電車でVictoria駅へ

9:15 National Expressのバスに乗る

11:00ごろ Stansted空港着

13:40 飛行機離陸

イタリア時間

16:40 Milan-Bergamo空港着

17:00 空港からバス1番に乗って Porta Nuovaという駅で下車してCentral Hostel GBへ

 

f:id:electroncitron:20170423055255j:image

ロンドンからRyan Airに乗ったとき、わたしの席はBだったから3人がけの真ん中だったんだけど、通路側にオリエンタル風の女の子が座って、窓際は誰もこなかったからラッキーと思って窓際の席に移動した。

「日本人ですか」と突然話しかけてきた通路側の女の子は、イタリア人と日本人のハーフだという。

親元を離れて、英国のなんとかというところの高校に行っているとか。

日本語が話せる人が隣に座っていたなんて、すごい偶然。

18歳の彼女は元気でフライト中ずっと自分のことを話していた。

わたしはおもしろがって聞いていた。

最近飼い始めた3か月の仔犬の写真を見せてくれた。

飛行機がイタリアに着くと、彼女は目で合図しただけでさよならも言わずに急いでいる様子で先に飛行機を降りて行った。

わたしは空港内のインフォメーションでベルガモの町の地図をもらい、町中に行くためのバスの切符を購入。

係の女性はとても親切。

インフォメーションは空港の到着ゲートを出て、右奥にあります。

空港を出て外に出ると、わーっと日射しが顔にあたり、数歩歩いただけでもう暑い。

ジャケットを脱ぐ。

出口のすぐ前にあるバス乗り場に向かう途中で、あの女の子が見せてくれた写真の犬がわたしの横を通ったので、あれ!?っと思って飼い主を見るとどうやら彼女を迎えに来た日本人のお母さんらしい。

思わず声をかけてしまう。

「Excuse me! いや、すみません!すみませーん!」

怪訝に振り返った女性に「娘さんと飛行機で隣だったんです。この犬の写真を見せてくれたので」と話しいるうちにあの女の子がやって来て、わーっとなる。

そして、ちゃんと挨拶して別れた。

 

1番のバスに乗る。

誰でも近くにいる人を捕まえて、切符をどうすればいいのか聞く。

バスに設置してある機械にがちゃんと差し込んで時刻を打刻する

バス停のアナウンスも表示もないのでぼーっとしていると永遠にバスに乗っていることになる。

近くの人に Porta Nuovaの駅をを教えてもらう。

空港から15分ぐらい。

バスを降りるとまた日射しがサーっと降り注いでここはロンドンじゃない!とうれしい気持ち。

 

f:id:electroncitron:20170423055454j:image

google mapをオフラインで見ながら Central Hostel BGを探す。

https://www.centralhostelbg.com/

3分ぐらいで到着。

途中かわいいお菓子屋さんやおいしそうなお惣菜屋さんがあった。

 

f:id:electroncitron:20170423055342j:image

ホステルのレセプションに着いたら、わたしが名前を言う前に向こうからわたしの名前を言って来たので、まるで待っていてくれたみたいな感じ。

レセプションの女の子にオススメのレストランを聞いておく。

月曜日のバスのことも聞いておく。

やっぱりとても親切。

ホステルは思ったよりも大きくて、老若男女混ざって滞在している。

わたしの部屋は2階で、シャワーとトイレ付き、二段ベッドが入っている。

清潔な感じで悪くない。

Wi-Fiも問題なく使える。

ネットでレストランを調べる。

良さそうなところに目星をつけて、6時過ぎに出かける。

ホステルから10分ほど歩くともうハイストリート。

このホステルは立地がいい。

目星をつけたレストランはいまいちっぽかったので、入店しておきながら「すみません」と言って出る。

レセプションの女の子が勧めてくれたトラットリアは観光客向けっぽい。

 

f:id:electroncitron:20170423055421j:imagef:id:electroncitron:20170423055424j:image

30分ぐらい彷徨って、ピンと来たレストランに入ってみた。

入り口で迎えてくれた女性に「あまりたくさんたべられないので、メイン一皿だけでもいいですか」と聞くと「もちろんよ。全く問題なし」と気持ちよく応えてくれた。

ベルガモの人ってみんなやさしい。

 f:id:electroncitron:20170423055524j:image

 f:id:electroncitron:20170423055540j:image

 レストラン La Ciotola  http://www.ristorantelaciotolabg.it 

f:id:electroncitron:20170423055929j:image

ポルチーニ茸とマスカルポーネの手打ちパスタ

 

アスパラガスと地元のチーズを使ったペンネの一皿とこのお皿とで迷ったけど、お店の人がこっちを勧めるのでこれにした。

ショートパスタで適当に小さく正方形に切ったその薄さと弾力のある歯ごたえが絶妙。

ロンドンでは無理な一品。

クリームソースもこくがあって美味。

ポルチーニ茸はふわふわとろとろの不思議な食感。

うまいもんだなーと感嘆する。

イタリア対スペインの食の対戦だったら、わたしはやっぱりイタリアの勝ちだと思う。

 

ただ疲労困憊しているときにたべるクリームソースこてこては苦しい。

後半苦戦する。

でもおいしいから完食。

ワインもキリッとしたドライで飲みやすかった。

おいしかったです。

 

その後ハイストリートでGromのチョコレートのジェラートを買ってたべながら歩いてホステルまで帰って、今日は終わり。

人気のジェラート屋 Grom http://www.grom.it/en/

 

ここの水は水道水なのにおいしい。

軟水でアルプスの麓にある町だからかな。

備え付けの石鹸で手を洗ったらつるつるするので、石鹸が変なのかなと思い持参の石鹸を使ったんだけどそれでもつるつるする。

ロンドンだったら、洗ったらさっぱりバサバサになるから、びっくりした。

普通に飲み水として使えるのかな。

明日レセプションで聞いてみよう。

 

明日はこの町の古い建物を見に行こうと思っている。

明日も天気がよさそう。

 

 お金の記録

空港からバス1番 €3.5(ぐらい)

夜ごはん €19.5 +チップ€2

Grom ジェラート €1.8

f:id:electroncitron:20170424054538j:image

 

 

 

 

 

 

イタリア・ベルガモ 準備

明日からイタリアの北部、ミラノに隣接する町、Bergamoに行く。

計画は

土曜日:Bergamo着

日曜日:町を漂う

月曜日:山の中にあるSan Pellegrinoの温泉に行く

火曜日:午前中はおいしいものでもたべて、夜ロンドンに帰る

こんな感じで3泊4日。

=============================

お金

Stansted空港までのバス:£18.10(往復)

Ryan Air(英国のLCC):£34(往復)

宿:Bergamo市内のホステル €36(税込)X 3泊=108

QC San Pellegrino Terme(1日温泉パス):€52 

==============================

飛行機が格安だったから、迷わず購入。

アイスランドブルーラグーンもそうだったけど、温泉の使用料が高い。

日本の温泉と違って、スパリゾートって感じだからかな。

東欧のほうだと安い温泉地もあるみたいなので、今度行こう。

持っていく外貨は手元にある€70と、昨日Victoria駅近くのChange-Linkで両替した€120(£101.69)。

予算的には3泊4日の食事と交通費などなどで計€100に収めたい。

===============================

持っていくもの

おにぎり(空港でたべる)

お菓子(ポテトチップス/チョコレート)

保温水筒(旅先のカフェでお茶を入れてもらう)

スカート1着

カットソー2着

薄いカーディガン1着

部屋着兼パジャマ

下着靴下3日分

針金ハンガーと洗濯バサミ

Kindle

辞書(イタリア語対応)

鉄分のサプリ

イヤフォン

水着(温泉用)

ビーチサンダル(温泉+ホテル用)

ウェットティッシュ

マスク(ホテル+飛行機の乾燥対策)

手ぬぐい

大判のカディタオル

フェイスクリーム、化粧水、歯ブラシ

石鹸(洗髪・全身用)

クエン酸(ヘアコンディショナー用)

ヘアブラシ

iPhone大陸用コンセント

火を使わないお灸

 

 f:id:electroncitron:20170422014049j:image

 

 

口上

 

今までいろいろな国に行ったけど、その記録がない。

なんでもすぐ忘れる。

プラハ、香港、パリ、アムステルダムバルセロナ、台北、スペインの山村、アンダルシア、ポルトガルの漁村、アイスランド、などなど…いっぱい。

忘れるがままにするのもいいけど、後続の遠出好きな人々の参考になるような記録をここに記すことにしました。

f:id:electroncitron:20170421221024j:plain